menu

ブログ

2021.04.14

Thread colour into the past 4/23(Fri)-5/2(Sun)

2021年初めてのブログは、4月23日、金曜日から始まる展示のお話になります。

コロナは年が明けても、収まったとはとても言い切れない状況が続いています。

外出時の検温、マスク着用、指先消毒も、もはや常識となりました。

旅行も外食もなかなか思うようにはできませんが、それでも人間というのは別の楽しみを見つけて力強く生きていくものですね。

急に植物や野菜育てに目覚めた人や、読書や家で見る映画にハマる人、料理に目覚め、調理器具を一新する人、そして手仕事に目覚める人も多かったのではないでしょうか?

そう、手仕事です。

人のぬくもりが感じられる編み物や洋裁、刺繍などなど。

今回、ギャラリー久我ではじめてタイトル付きの展示を開催することになりました。

しかも刺繍という手法を使った作品展です。

Kimiyo−works主宰の倉富喜美代さんとは、拙ギャラリーでのチーズイベントにおいで下さったことがきっかけとなり、ご縁をいただくことになりました。

しばらく刺繍をなさっているとは知らなかったのですが、ひょんなきっかけから作品を見せて頂くことになったのです。

はじめてkimiyo-worksの作品を見せていただいた際の驚きと感動は忘れられません。

緻密な刺繍の中の、まず色使い、そしてなんとも言えないユーモアと遊び心に満ちたモチーフ。

kimiyo-worksの手仕事は、一般的には刺繍と呼ぶのでしょうが、私は「絲仕事」と呼びたいと思いました。

そして、ギャラリー久我で展示ができたら、、と強く思ったのです。

それはまだまだコロナで何の活動もできなかった昨年春のことでした。

ありがたいことに、倉富さん自身がこれからのあり方を変えていきたいと思われていたタイミングとも合致し、そこから私達は、 方向性を一緒に考え、あるべき姿に到達するための地場を一歩ずつ、整えてきました。

なんでも形にするためには、時間がかかります。

しかもそれは絶対に必要な時間であり、ある意味このプロジェクトがスタートしたのが昨年であったのはラッキーだったようにも思われます。

動きが止まってしまった世界の中で、逆に落ち着いて物事を考える時間が増えたのですから。

kimiyo-worksの作品展を開催する前段階としての準備が整ったのは、年を越した2021年に入ってからのこと。

今回の展示のテーマはThread colour into the past

colourがcolorでないのは、イギリス英語の表記をしているためです。

彼女の作品のどこかに、イギリスの香りがするのは、おそらく倉富さんの2度に渡る英国生活の影響が色濃いのだと思います。

しかも2度めには、ロンドン町中のmews(ミューズ)とよばれる、下が馬小屋でその上を改装したフラットにお住まいだったとのこと、そこから見えた世界観も作品に含まれているのでしょうね。

ちなみに下が馬小屋のフラット、というと何やらシャビーな感じがしますが、とんでもない!ロンドンでも屈指の一等地にしか存在しないミューズは貴族階級に大人気の物件なのです。

ですからご近所にどんな方々が住まれているか、推して知るべし、ですよね。

ミューズに住みつつ、刺繍を極められた倉富さんの経験。

そんなゆとりが生んだ遊び心と夢に満ちた作品。

私が惚れ込んだのはそこなのです。

持論ですが、本当のラグジュアリー(贅沢)はゆとりと余裕からくる遊び心が生み出してくれるもの。

こんな時節だからこそ、美しいものが見たくありませんか?

美しいもの、夢に満ちたものを見るゆったりした時間こそ、明日へのエナジーとパワーをチャージしてくれるように思います。

実際、私自身は刺繍のことは全く何も知りません。

ステッチの種類や、イギリス刺繍の特徴や、素材のことなども何もわかりません。

しかし、kimiyo-worksの作品を見たときに、すぐに「これはホンモノだ」とわかりました。

ホンモノ、とは私達にパワーをチャージしてくれる、夢のある作品だ、という意味です。

ホンモノ、って自然に私達の心を納得させてくれるものなんですね。そこになんの説明も必要ありません。

長くなりましたが、最後にタイトルに関する説明をしておきます。

Thread colour into the pastというのは、過去に糸で色を付けていく、みたいな意味です。

今回、イギリスビクトリア時代、生活用具が木製で作られていた時代、すなわち19世紀を意識しています。

この時代の木製の様々な生活用具は、イギリスではまとめて、Treenと呼ばれています。

生活用具、ということもあり、かなり幅広いモノがTreenにはあるわけです。もちろん、コレクターも多くいます。

手仕事のための道具で、実際に使用されていたTreenもたくさんあります。

今回の展示では、いくつかのTreenから落とし込まれたkimiyo-worksの作品もございます。

面白いので、作品イメージの元となったTreenも一緒に展示をいたしますので、どうぞお楽しみになさってください。

古い木をつかったTreenに絲で色付けをしていくと、kmiyo-worksの作品になり、それがThread colour into the pastになっていくわけです。

ギャラリー久我でのはじめてのタイトル付き、しかも絲仕事の展示ということで、わたしもワクワクしています。

皆様のご来廊をお待ちしております。

2020.12.31

2020-2021 読書のススメ

2020年、令和2年大晦日。

皆様いかがお過ごしですか?

短かったような長かったような、不思議な一年が過ぎ去ろうとしています。

冬らしいきりりと冷えた大晦日となりました。

そして、いつもより静かな年末年始になりそうです。

綺談、とは巧みに作られた面白い話の意味。

最近読んだ本、過去に読み、折りに触れ読み返している本、お正月に楽しみたい本。

偶然、タイトルにそれぞれ「綺談/奇談」が入っていました。

過去に読んで好きだった本は、梨木香歩さんの「家守綺談」。

きっとお読みになった方も多いことでしょう。

今から100年前が時代設定になっています。高堂という友人から庭、池付きの二階屋を借り受けた綿貫征四郎さんと、その家との伸びやかな交歓の記録です。

日本人の精神に潜む原風景を切り取った素敵な小品。それぞれの物がたりにつくタイトルにもしびれます。

わたしのように植物に無知な人間はいちいち調べてしまいます。

二冊目は、最近読んでとても心に響いた本。

フランスの誇る女流作家、マルグリット・ユルスナール作「東方綺談」。

9つの短編が収まったこれまた小さな本ですが、想像力を掻き立てられる大きな広がりを持った本。

さすが、ユルスナールです。

ユルスナールは読んだことがなくても、須賀敦子さんの名著のタイトルにある「ユルスナールの靴」はお読みになった方もいるのでは?

なぜ、ふと読みたくなったのかは今は覚えていないのですが、とにかく最近この本を手に入れて、数少ない外出時や、午後のゆったりした時間に、一編ずつ読みました。

詩人の多田智満子さんの翻訳が素晴らしく、表現の美しさにうっとりします。

中でも、最初の一編、「老絵師の行方」が素晴らしいのです。

実はこのお話のラストシーンを読んで、あ!!!!と発見がありました。

「家守綺談」で、高堂さんがやってきたのが、老絵師と真逆の方向。

あまり詳しく書くと、物語の筋にさしさわりがあるので、ここまでにしておきます。

ご興味を持たれた方は、この二冊、ぜひ読み比べてみてください。

読書の醍醐味の一つです。

最後は、途中まで読み進めている本、杉本博司の「江之浦綺談」です。

これは杉本の、小田原文化財団 江之浦測候所がどのような経緯でオープンに至ったのかを、土地に出会うところから詳しく書き留められた備忘録です。

まだ最初の数章しか読んではいないのですが、すでに根津美術館から移築された名月門のくだりなど、ほおっとため息をつかせられる舞台設定。

まさに「綺談」です。

このまま大いなるドラマをはらみながら施設オープンに至る因縁噺が44収められているこの本、まさにお正月に読みすすめるのにふさわしい気がしています。

とはいえ、はお正月から読み始めたい本を、もう一冊購入しています。

これは、「綺談」というタイトルはついてはいないものの、中身はまさに「綺談」。

ロマン主義の英文学研究で名高いイタリア人学者マリオ・プラーツのLA CASA DELLA VITA 「生の館」(直訳だと「人生の家」)です。

帯に書かれているのは

「室内は記憶の森 収集は世界の構築 人を「もの」以上に愛することはできるのか。博学が自宅の部屋をめぐって時代と人生を語る、類を見ない20世紀イタリア文学」

どうです?買わずにはいられませんよね?

実は原書は、その昔英語で買ってあったのですが、今回めでたく翻訳本が出たので、まあちょっとお高かったのですが翻訳の労力に敬意を評し、目をつぶって購入しました。全部で600ペイジを超える大著です。

マリオ・プラーツが晩年を過ごした邸宅は、現在「マリオ・プラーツ美術館」として公開されています。(イタリア・ローマ)

私はまだ行っていないので、状況が落ち着いたらぜひとも行ってみたいと思っています。

それまでは本で楽しむとしましょう。

ということで2020-2021年にかけて楽しみたい本のご紹介で、今年のブログを締めたいと思います。

来年は、現在拙ギャラリーで取り扱っている英陶芸家、スティーブ・ハリソンとの馴れ初めなんかも書いていきたいなと思いますので、皆様、来年もお付き合いの程よろしくお願いいたします。

それでは皆様、良いお年を!

2020.12.03

[Event report] フリーマーケットMONOTERASU0

11/28,29の週末に、ギャラリー久我としては初めての試み、フリーマーケットを開催いたしました。

編集者の田中敏恵さんが、コロナ禍でSTAY HOME中に発掘した愛用品を放出・次の人へつなげたいという気持ちから出発したイベントです。

(MONOTERASU とは、モノ、照らすの意。)

あらためまして、この週末お運びいただきました方々へお礼申し上げます。

田中さんとは、拙ギャラリーで知り合ったわけですが、たまたま家が近かったり、行っているお店が一緒だったりの偶然も手伝い、プライヴェートでも仲良くさせていただいています。

10月末あたりに、田中さんとお食事した際、フリーマーケット開催してみましょうか、と話が盛り上がり、実現することになりました。

基本は田中さんの愛用品の数々だったのですが、私もアンティークや、現代作家さんの焼き物など、(数はあまり多くなかったのですが)出品することにしました。

通常、焼き物やオブジェなどが置かれているギャラリー久我に、お洋服やファッション小物・本なども搬入され、いつもと違う景色になり新鮮でした。

遊びのスローガンが2つ。

「安いモノはあるが、安物はない」

「ZARAの値段でPRADAが買える」

こういう大人のためのフリーマーケット(田中さんいわく、ブティック形式のフリーマーケット)があっても楽しいな、と思いました。

通常、フリーマーケットって露天のイメージがありますが、大人にとっては、ブティック風の環境の方が、もっとゆっくり落ち着いて楽しめるように思います。

土曜は、いろいろな方が来てくださったのですが、適度に時間帯がずれ、いわゆる「密」状態は避けられ、ほっとしました。

夕方は多少、来廊が重なった方々がいらっしゃったのですが、驚いたことに私の知り合い、田中さんの知り合いとして、別々に来廊された方々が、昔からの知り合いだった、なんて偶然がありました。お二人、久しぶりの再会とあってお話が弾んでいました。

これぞイベントの醍醐味の一つ。

「人」と「モノ」がつながって、そこから「人」と「人」とのつながりが生まれる。

その現場に居合わせることになり、こちらもとても楽しい体験をさせていただけました。

二日目の日曜日。

この日はゆっくりで、途中カメラマンの上野さんと4歳のお嬢さんが来てくださって、これまたのんびりとした良い時間が流れていきました。

上野さんが撮ってくださったお写真が、良い空気感を捉えてくださっています。

(*画像は上野裕二さんに掲載許可をとっています。)

さすが!ですね。

最後の最後は、チーズ会にも来てくださっていたブランドや古着のプロが来てくださって、明るい可能性が感じられる希望いっぱいの終わり方ができました。

本当に皆様に感謝です。

これを期に、来年も、11月末の週末はフリーマーケットを開いてみようかしらなんて思ったりしています。

ご興味のある方はinfo@gallerykuga.comまでご連絡ください。

個人的には、新しいことを何かやれば、そこには必ず学びがあると思いました。

これからも未経験でも何かチャレンジの機会があれば、是非トライしてみたいと思います。

2020.11.25

「桃山ー天下人の100年」展に思う

気づけば2020年、11月もそろそろ終盤。もうすぐ12月、そして2020年が終わっていきます。

今年はコロナ、コロナで明け暮れた年になりました。

最初は、3月中には収まっていくのかな、と思いきやその後、緊急事態宣言で不要不急の外出を避けねばならない事態に陥り、そして夏が来て。。

秋。

徐々に物事は落ち着いた方向にいくのだろうか、と少し安心していたら、このところまた第三波ということで感染者数や重症者数が増えています。

政府の消費感化プロジェクト、GO TOも、場所によっては制限がかかり始めています。

コロナ対策として、予約制をとる美術館も増えてきました。

なにやら前置きが長くなってしまったのですが、3連休の最終日、午後3時半に予約をとって東京国立博物館平成館で11/29まで開催中の「桃山ー天下人の100年」展を見に行ってきました。

この展覧会、世が世なら大ヒットしていたはずの特別展であったと思います。

桃山、といえば織田信長であり、豊臣秀吉であり、徳川家康の、日本人ならほぼ全員知っている3大スターの時代であり、そして千利休が独自の茶の湯を確立した時代でもあります。

とにかく華やかな時代をメインにした展覧会です。

図録に見る並々ならぬ充実さにも、それは伺えています。

しかし、今はまた外出を自粛するムードになってしまいました。

そして予約、というのもなんとなく面倒な感じがあるのでしょうか。

そんなわけで、この祝日(11/23)、この充実した展覧会、会場内は実に空いておりました。

見る側の立場で言えば、こんなにゆっくり拝見できて、本当に落ち着いて鑑賞することができ、これほどありがたいことはありません。(気になる作品を、戻ってまたみることすら可能)

前回さんざん待ってやっと入館したら、もっと中が混んでいて、大変な思いをした「正倉院特別展」とは比較にならないほど、ゆっくりできました。

(ですから鑑賞後に全く疲労感がありません。やはり人で込み合った空間に身を置くことは疲労と同意語なのだ、と実感です。)

桃山、とは政治史的には室町幕府滅亡(1573)から江戸幕府開府(1603)までの30年間のことを指しますが、文化的な見地からすると室町後期から江戸時代初期(1624-1644)までの100年間が桃山文化時代と呼ばれるようです。

この間、

*織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が台頭→武具、刀、衣装などの装飾

*絵画は狩野永徳ー三楽ー探幽を中心とする狩野派、土佐派、長谷川等伯、海北友松、岩佐又兵衛の活躍

*千利休の登場、独自の茶の湯の確立ーその精神は古田織部に引き継がれる

*西洋文化との邂逅ー漆器などの輸出

などなど、歴史に残る多くの事象が発生したわけです。

本当にあらためて、すごい時代であったのだなと感心します。

イタリアではルネッサンス期に、多くの天才が輩出されましたが、桃山時代ってのは、ある意味日本のルネサンス期であったのかもしれません。 ちょうど時代も一部かぶっていますしね。(イタリア・ルネサンス期は14-16世紀)

(画像:茶室にて御本茶碗を扱う WANDEL)

私自身が一番興味深く鑑賞したのは、やはり茶の湯、桃山茶陶の開花のコーナーでした。

面白いのが、桃山時代には、唐物茶陶(中国からの器)が姿を消した、ということ。

室町時代、足利義政があれほどまでに珍重した完璧なまでの龍泉窯の青磁、景徳鎮の白磁の器が、桃山では茶の器として全くとりあげられていないのです。

なぜか?

それは新しい桃山という時代の「侘び茶の美学」に沿わなかったから。

そしてその「侘び茶の美学」を確立したのは誰だったのか?

千利休です。

彼は、権威や伝統のある由緒正しき茶道具を用いるより、身近のものを「みたて」て道具として使い、そして自らの心にかなった器を作り出しました。

それが長次郎の黒茶碗であり、その後楽茶碗として、現在にも連綿と連なっていく手びねりの茶碗となっていきました。

中国からの完璧な茶碗は使われなくなりましたが、その代わりに朝鮮で雑器として使われていた井戸茶碗の類が珍重されることになります。

利休の精神を汲みながら、真逆のアウトプットをしたのが古田織部です。

織部も独自のうつわを作り出しました。

華やかな織部焼き、歪んだり、凹んだりしている「へうげ」なうつわです。

(へうげものーひょうげている、面白い、の意味)

一見、利休と織部は真逆の表現をしているようでありながら、各々の独自の茶の道を切り開いたという意味では二人の価値は同じであったのではないでしょうか。(もちろん利休と織部は師弟関係だったので、織部は利休から体得したものが大きかったとは思います。)

唐物から、国焼きものへ。

美濃、備前、信楽、伊賀。

時代の変わり目にダイナミックな価値観の変化が出てきて、それが洗練されていく。

そして数百年後にもベースの形は変えないまま、その新しい伝統が、私達にも継承されてきました。

桃山時代の文化的パラダイムシフトを目の当たりにして、私達は数百年後に何を残していけるのだろうか、としみじみ思います。

未来からみた私達の時代はどのような評価を受けていくのだろうか、と。

これからの私達の課題ですね。

(画像 茶室にて WANDEL)

2020.08.31

海辺の光景

早くも今日で8月が終わります。

まだまだ残暑も厳しく、とても明日から9月とは思えません。

13年ぶりの日本の夏でした。

2020の夏は不思議な体験として、来年思い出すことになるのでしょうか。

人間は右往左往するものの、自然は変わらず。

2020年の夏も終わっていきますね。