menu

ブログ

2018.12.14

TRAVELLING WITH TEA展

TRAVELLING WITH TEA展

英陶芸家、スティーブ・ハリソンのTRAVELLING WITH TEA展は2018年12月3日のプレビューを皮切りに、12月8日まで、ロンドン Albemarle通りにあるグローブトロッター本店にて開催されました。

今回の展示は、スティーブ30年にわたる陶芸家人生の集大成とも言って良いほどの充実した展示になりました。

夕方6時からのプレビューにはサックスの生演奏が入り、 ロンドンのPostcardteasでスペシャルに用意されたスパークリングティーが振舞われ、多くのコレクターやお客様で賑わいました。プレビュー招待客はそれぞれパスポートをもらい、そこに参加スタンプをもらうといった凝りようです。

テーマは、「お茶と旅する」なのですが、この中での「旅」とは、二つの意味を表しています。まずは、具体的に茶器と「旅する」こと、そしてそれについて深く考えを巡らした時の流れそのものを,抽象的に「旅」と捉えることでした。

「お茶」の初めての体験、その昔学校の先生が作ったマグを購入し、使った後に感じた違和感から始まったスティーブの「お茶をいれる器」を自作することへのオブセッション。これがゆくゆく、「自分が満足できる機能的で美しい器とは何か?」次は、自分の器を「いかに安全に外へ持ち出せるようにして行くか?」、そして「それはいかなる形で持ち出すか?」とスティーブに課題を与えて行くことになったのでした。

課題を考えて行く中で、スティーブが出会った美しいもの達の展示もありました。それは例えば友人の持っていた古い錫のボックスであったり、日本の古い竹で編んだ茶籠、戦時中のイギリスのピクニックセットなど、それぞれがスティーブの制作にインスピレーションを与えたことがわかります。

2009-2011年制作のStill Life,そして2015年にロンドンのギャラリーで開催されたCUP BOARD展を経て,2018年、スティーブの「茶(器)と旅する」ことは、限定15セットでグローブトロッターでスペシャルオーダーしたボックスと茶器のセットが制作されたことでその終着点に到達したのでした。

このセットには、漆が施された特注ボックスに個別のエドワーディアンのキーがつけられ、中には2つのマグ、ティーポット、茶こしセット、ティーカディー、ティータオル、漆の茶さじ、そしてトレイが収められています。

イギリスには、every pot has its coverということわざがあります。本来は、人間関係の比喩として使います。

今回、この限定15セットのボックスにそれぞれのティーセットが収められている、という(本来の)意味で使われるのに、これほどピッタリのことわざはありません!

「用の美」を追求し、30年の旅を経てこの素晴らしい展示を、ある種の終着点として私たちに示してくれたスティーブ・ハリソン。今後は、この終着点からまたどんなテーマを見つけ、どんなTravelling with teaをして行くのでしょう?今後の彼の活動も楽しみです。

2018.07.07

「型」に「血」を入れて「形」にすること

「型」に「血」を入れて「形」にすること

夏前の最後の茶の稽古に行ってきました。

昨日は戻り梅雨のような一日。雨の音を聴きながら稽古をしました。

最後の茶の稽古は広間での濃茶、そして私がそのまま広間で点てさせていただいた薄茶。

本来ならば環境が変わり(通常は薄茶の稽古は立礼式)気持ちがバタつくはずが、なぜか昨日は落ち着いて点てることが出来、 自分でも不思議だな、と思ったのですが。。。

ああ、先生のおっしゃっていたのは、これか、としみじみ納得したのです。

我が茶の師匠は、「この茶室を一歩出たら、すぐに稽古のことは忘れなさい。家で練習などはしないように」と仰います。

私のような単純な者は「おお、これは助かった」などど思っていただけなのですが、この言葉にはもっと深い意味があったのです。

まずは「家で自流で練習すると、よくない間違った癖がつく」ということ。
そして「頭で覚えず、身体で覚えることが一番大事」ということ。

更にその根底にある本当の意味は、「型」を身体で覚え、そこに暖かい「血」を注ぎ込むことによって(比喩ですが)それがようやく、 その人自身の「形」になっていく、ということでした。

個人の個性などというものは、まず「型」を体得し、そこに個人の「血」を入れてようやっと見えてくるもの、ということなんですね。

私が茶の稽古を再開してから何年か経ちましたが、やっとそのとば口に立てたような気がした昨日の稽古でした。

2018.04.03

桜の季節に

桜の季節に

季節はあっという間に桜も葉桜に、これからは新緑の頃を迎えようとしています。
雪が降った春分の日から1週間後には、桜が満開。
2018年は、いろいろな変化が訪れるという知らせなのでしょうか。
3月30日、皇居の乾門を通り抜け、千鳥ヶ淵までのんびり午後の散歩を楽しみました。
桜も満開、すでに少し散り始めていて、快晴のもとそれはそれは美しい光景でした。
日本に生まれてよかった、なんて思うのもこの季節。
与謝蕪村の「春の海 ひねもすのたり のたりかな」の心境です。
桜の季節を詠んでいる名歌は他にも
「久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ」 紀友則
「世の中に たえて桜のなかりせば 春の心は のどけからまし」 伊勢物語 在原業平在原業平
「願わくば 花の下にて 春死なむ その如月の 望月の頃」西行
などなどがありますね。
どの歌も心に沁み入る桜の季節です。

2018.03.22

贅沢な時間ー香り

贅沢な時間ー香り

春分の日に雪。
そして今日はまた例年の気候に戻り、となかなか気候の安定しない今日この頃。
そんな時こそ気持ちを整えたいもの。
ゆっくり自分のための時間を楽しむお供は香り。
上質の香りは、とても繊細です。香道では、香りを『聴く』と言いますが
まさに上質の香りは気をつけないと儚く去ってしまうのです。
ですからゆっくり集中して香りを聞く時間を楽しみたいものですね。

例えば、寝室の薄暗くてひんやりした場所で就寝前に楽しむ香り、
またはお洋服のタグや裾にまとって自分の動きで楽しむ香り、
バスルームのタイルやバスタブで楽しむ香り
などなど楽しみ方は様々です。
気持ちがすーっとまとまっていくような感じがしてきます。

ギャラリー久我で取り扱っているKURUMI AROMATIQUEの香りは、創香家である中山久留美が
完全オーガニック素材を使用し、1本1本手作りしています。
ボトルもインクボトルを想起させるような、吹きガラス、キャップも胡桃の素材を使用した手作り品。

3/20発売の雑誌&Premiumで(p69)ご紹介いただいた香りは二種類。
「雫」は、葉に当たった雨の粒が雫となって滴り落ちていくイメージから作られた香りで、
ピリッとした香りが少し緊張感を運んできてくれます。
そして「杜」は、久留美さんの伊勢神宮へ出かけて行った際の体験がそのまま香りの世界に凝縮されています。
雨が上がったばかりの伊勢神宮の下宮。湿度を含んだ参道に漂うヒノキの香り。
厳かな気持ちになりながら、この先に何かが待っているようなワクワクした静かな期待に満ちた思いが
香りの世界に落とし込まれています。
Kurumi Aromatiqueではその他にも
空気のように香る爽やかな香り(空)、
マティスの描く女性のイメージの香り(遊)、
京都のモダンさをフランス風なイメージの解釈で香りに落とし込んだもの(京)、
桜の時期から鮮やかな新緑の世界に変わる香り(新芽)
満開の沙羅双樹の花と磨き込まれた境内に掲げられた揮毫からきたイメージの香り(沙羅)
にじり口から小間に入った時、障子を通して畳に差し込まれたベージュの光、明暗の対比の香り(茶室)
記憶と人が結びつけられる香り、祈りの香り(想)
がございますので、その時々で香りを使い分けるのも楽しいですね。
すぐに消えてしまうという意味で、究極の贅沢とも言える香りの世界、是非それだけを楽しむ時間を
作りたいものです。

2018.01.09

2018年に思うこと

2018年に思うこと

2018年、新年明けまして早や9日。皆様今年もよろしくお願いいたします。

年明けから数日はゆっくり読書に没頭するのがここ数年の習わしになりましたが、今年まず感銘を受けた本が
建築家・渡辺武信著の『住まい方の思想』でした。
1983年に出版された本なので今から35年前の本になります。
序章、終章を挟んだ全12章の中で生活のあり方を、家の中のスペース別に丹念に検証することで具体的に語ってくれています。
特にインパクトがあったのが、第12章の「収納」
昨今、騒がれている「断捨離」「持たない暮らし」の思想的背景はここにあったのか、と膝を打ちました。
渡辺先生に言わせれば、今日の(1983年)生活の中にあまりにも多くの『モノ』が溢れすぎている傾向は、
低成長に入った今では、そういう「モノに支配された生活」に対する反省が一般的であり、それはそれで正しいということです。
しかし、こうした考えが、『できるだけモノを持たないほうが良い』というところまで走るとそれは違う、と言います。
日本には昔から『モノにこだわるのは卑しい』という思想的伝統があるので、
モノの所有、保存に対する反発も極端に走りやすい。
このような伝統的考え方のモデルとなる人たちは、例えば、あばら家に住むことを理想としていた松尾芭蕉や、世捨て人だった吉田兼好ですね。
また、日本人の思想と言っても良い『サムライ』もモノへの執着を排するところに成り立っています。
『サムライ』はいつでも彼岸に旅立てるように、彼岸を日常的現実というように単純化しておく。
故に、日常の生活を楽しむなどということはあってはならないのです。

渡辺先生は、日本にはこのような思想的伝統があることを踏まえながらも、
現世への執着を捨てきれない俗人、凡人である私たちの生は、どうしようもなく『モノ』に交わり、『モノ』に支えられることで成り立っているのではないかと仰っています。
それは生活の中におけるモノは、たんなる物質的存在であるにとどまらず、しばしば精神的な意味を帯びてくる
からなのだ、と。
素晴らしいのはここからです。
渡辺先生は、『僕たちの生を支えてくれているのは実に多くの”なくても済むモノ”である。』と仰います。
ワインをワイングラスで飲んだらおいしい、コーヒーをマグで飲むとおいしい、というのは合理的に考えれば
幻影かもしれません。(ワインをコップで飲んでも味が変わるわけではないから)
しかし、そういう幻影を否定してしまえば、僕たちの生活には何が残るのか?
幻影が消えた後に残るのは、人間は何のために生きているのか?という本質的な問いかけだけであり、
その問いに答えられるのは選ばれた少数の人間だけであろう。
『だから僕は、弱い人間の一人として、生活の中の小さな幻影の優しさを大切にしていきたい。
ということは僕にはワイングラスもマグも必要なのだ。
僕たちの生の意味はそれに支えられていると言っても過言ではない。
幻影を維持していくために、僕たちは数多くのモノの助けを必要としている。
このように広い意味で精神性を付与された”モノ”は僕たちの友人とも言える。』

日本人がモノに執着するな、現世はかりそめの世であるというDNAに刻まれているであろう思想に対し、
生活の中の小さな幻影を大切にすることでこの世を幸せに生きることもできるのだというカウンターパンチに
しみじみ納得させられました。
とはいえ、日本文化の本質は『そぎ落とし』であり、『隠し味』でもありますから、この二つの思想が私自身の中でも常にせめぎあってはいるのが実情でもあります。
そぎ落としながら、選ばれたモノを友として幸せに生きる、のが理想でしょうか。
2018年はそんなことに思いを巡らせながらスタートしました。

新年早々長くなりましたが、2018年、皆様のご多幸をお祈りしております。

引用 渡辺武信 『住まい方の思想』 中公新書 1983