menu

ブログ

2020.12.03

[Event report] フリーマーケットMONOTERASU0

11/28,29の週末に、ギャラリー久我としては初めての試み、フリーマーケットを開催いたしました。

編集者の田中敏恵さんが、コロナ禍でSTAY HOME中に発掘した愛用品を放出・次の人へつなげたいという気持ちから出発したイベントです。

(MONOTERASU とは、モノ、照らすの意。)

あらためまして、この週末お運びいただきました方々へお礼申し上げます。

田中さんとは、拙ギャラリーで知り合ったわけですが、たまたま家が近かったり、行っているお店が一緒だったりの偶然も手伝い、プライヴェートでも仲良くさせていただいています。

10月末あたりに、田中さんとお食事した際、フリーマーケット開催してみましょうか、と話が盛り上がり、実現することになりました。

基本は田中さんの愛用品の数々だったのですが、私もアンティークや、現代作家さんの焼き物など、(数はあまり多くなかったのですが)出品することにしました。

通常、焼き物やオブジェなどが置かれているギャラリー久我に、お洋服やファッション小物・本なども搬入され、いつもと違う景色になり新鮮でした。

遊びのスローガンが2つ。

「安いモノはあるが、安物はない」

「ZARAの値段でPRADAが買える」

こういう大人のためのフリーマーケット(田中さんいわく、ブティック形式のフリーマーケット)があっても楽しいな、と思いました。

通常、フリーマーケットって露天のイメージがありますが、大人にとっては、ブティック風の環境の方が、もっとゆっくり落ち着いて楽しめるように思います。

土曜は、いろいろな方が来てくださったのですが、適度に時間帯がずれ、いわゆる「密」状態は避けられ、ほっとしました。

夕方は多少、来廊が重なった方々がいらっしゃったのですが、驚いたことに私の知り合い、田中さんの知り合いとして、別々に来廊された方々が、昔からの知り合いだった、なんて偶然がありました。お二人、久しぶりの再会とあってお話が弾んでいました。

これぞイベントの醍醐味の一つ。

「人」と「モノ」がつながって、そこから「人」と「人」とのつながりが生まれる。

その現場に居合わせることになり、こちらもとても楽しい体験をさせていただけました。

二日目の日曜日。

この日はゆっくりで、途中カメラマンの上野さんと4歳のお嬢さんが来てくださって、これまたのんびりとした良い時間が流れていきました。

上野さんが撮ってくださったお写真が、良い空気感を捉えてくださっています。

(*画像は上野裕二さんに掲載許可をとっています。)

さすが!ですね。

最後の最後は、チーズ会にも来てくださっていたブランドや古着のプロが来てくださって、明るい可能性が感じられる希望いっぱいの終わり方ができました。

本当に皆様に感謝です。

これを期に、来年も、11月末の週末はフリーマーケットを開いてみようかしらなんて思ったりしています。

ご興味のある方はinfo@gallerykuga.comまでご連絡ください。

個人的には、新しいことを何かやれば、そこには必ず学びがあると思いました。

これからも未経験でも何かチャレンジの機会があれば、是非トライしてみたいと思います。

12月の営業

12月の営業

2020年、最後の月、師走となりました。

ギャラリー久我の12月営業は下記のとおりです。

12/1(TUE) – 12/20 (SUN)

下記の日程は予定定員に達しました。

12/2(WED) x

12/4(FRI) x

12/5(SAT) x 15:00-(11:00-15:00までは予約可)

12/6(SUN) x

12/9(WED) 11:00-14:00

12/10(THU) x

12/11(FRI) x

12/12(SAT) x 14:00-(11:00-14:00までは予約可)

12/15(TUE) x

12/17(THU) x

12/18(FRI) x 13:00-(11:00-13:00までは予約可)

拙ギャラリー扱いの作家作品をご覧になりたい方、KURUMI AROMATIQUEのテイスティングをご希望の方は、contactよりご来廊希望日をご予約ください。

*当日のご予約は受けておりません。

*2日前までにご予約お願いいたします。

ご来廊の際は、マスクの着用をお願いいたします。

お手数かけますが、何卒よろしくお願いいたします。

2020.11.25

「桃山ー天下人の100年」展に思う

気づけば2020年、11月もそろそろ終盤。もうすぐ12月、そして2020年が終わっていきます。

今年はコロナ、コロナで明け暮れた年になりました。

最初は、3月中には収まっていくのかな、と思いきやその後、緊急事態宣言で不要不急の外出を避けねばならない事態に陥り、そして夏が来て。。

秋。

徐々に物事は落ち着いた方向にいくのだろうか、と少し安心していたら、このところまた第三波ということで感染者数や重症者数が増えています。

政府の消費感化プロジェクト、GO TOも、場所によっては制限がかかり始めています。

コロナ対策として、予約制をとる美術館も増えてきました。

なにやら前置きが長くなってしまったのですが、3連休の最終日、午後3時半に予約をとって東京国立博物館平成館で11/29まで開催中の「桃山ー天下人の100年」展を見に行ってきました。

この展覧会、世が世なら大ヒットしていたはずの特別展であったと思います。

桃山、といえば織田信長であり、豊臣秀吉であり、徳川家康の、日本人ならほぼ全員知っている3大スターの時代であり、そして千利休が独自の茶の湯を確立した時代でもあります。

とにかく華やかな時代をメインにした展覧会です。

図録に見る並々ならぬ充実さにも、それは伺えています。

しかし、今はまた外出を自粛するムードになってしまいました。

そして予約、というのもなんとなく面倒な感じがあるのでしょうか。

そんなわけで、この祝日(11/23)、この充実した展覧会、会場内は実に空いておりました。

見る側の立場で言えば、こんなにゆっくり拝見できて、本当に落ち着いて鑑賞することができ、これほどありがたいことはありません。(気になる作品を、戻ってまたみることすら可能)

前回さんざん待ってやっと入館したら、もっと中が混んでいて、大変な思いをした「正倉院特別展」とは比較にならないほど、ゆっくりできました。

(ですから鑑賞後に全く疲労感がありません。やはり人で込み合った空間に身を置くことは疲労と同意語なのだ、と実感です。)

桃山、とは政治史的には室町幕府滅亡(1573)から江戸幕府開府(1603)までの30年間のことを指しますが、文化的な見地からすると室町後期から江戸時代初期(1624-1644)までの100年間が桃山文化時代と呼ばれるようです。

この間、

*織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が台頭→武具、刀、衣装などの装飾

*絵画は狩野永徳ー三楽ー探幽を中心とする狩野派、土佐派、長谷川等伯、海北友松、岩佐又兵衛の活躍

*千利休の登場、独自の茶の湯の確立ーその精神は古田織部に引き継がれる

*西洋文化との邂逅ー漆器などの輸出

などなど、歴史に残る多くの事象が発生したわけです。

本当にあらためて、すごい時代であったのだなと感心します。

イタリアではルネッサンス期に、多くの天才が輩出されましたが、桃山時代ってのは、ある意味日本のルネサンス期であったのかもしれません。 ちょうど時代も一部かぶっていますしね。(イタリア・ルネサンス期は14-16世紀)

(画像:茶室にて御本茶碗を扱う WANDEL)

私自身が一番興味深く鑑賞したのは、やはり茶の湯、桃山茶陶の開花のコーナーでした。

面白いのが、桃山時代には、唐物茶陶(中国からの器)が姿を消した、ということ。

室町時代、足利義政があれほどまでに珍重した完璧なまでの龍泉窯の青磁、景徳鎮の白磁の器が、桃山では茶の器として全くとりあげられていないのです。

なぜか?

それは新しい桃山という時代の「侘び茶の美学」に沿わなかったから。

そしてその「侘び茶の美学」を確立したのは誰だったのか?

千利休です。

彼は、権威や伝統のある由緒正しき茶道具を用いるより、身近のものを「みたて」て道具として使い、そして自らの心にかなった器を作り出しました。

それが長次郎の黒茶碗であり、その後楽茶碗として、現在にも連綿と連なっていく手びねりの茶碗となっていきました。

中国からの完璧な茶碗は使われなくなりましたが、その代わりに朝鮮で雑器として使われていた井戸茶碗の類が珍重されることになります。

利休の精神を汲みながら、真逆のアウトプットをしたのが古田織部です。

織部も独自のうつわを作り出しました。

華やかな織部焼き、歪んだり、凹んだりしている「へうげ」なうつわです。

(へうげものーひょうげている、面白い、の意味)

一見、利休と織部は真逆の表現をしているようでありながら、各々の独自の茶の道を切り開いたという意味では二人の価値は同じであったのではないでしょうか。(もちろん利休と織部は師弟関係だったので、織部は利休から体得したものが大きかったとは思います。)

唐物から、国焼きものへ。

美濃、備前、信楽、伊賀。

時代の変わり目にダイナミックな価値観の変化が出てきて、それが洗練されていく。

そして数百年後にもベースの形は変えないまま、その新しい伝統が、私達にも継承されてきました。

桃山時代の文化的パラダイムシフトを目の当たりにして、私達は数百年後に何を残していけるのだろうか、としみじみ思います。

未来からみた私達の時代はどのような評価を受けていくのだろうか、と。

これからの私達の課題ですね。

(画像 茶室にて WANDEL)

11/28&29 イベント「MONOTERASU 0」のお知らせ

11/28&29 イベント「MONOTERASU 0」のお知らせ

この度、ご縁があり編集者としてご活躍の田中敏恵さん(KIMITERASU主宰)企画のイベントを開催することとなりました。

下記、田中敏恵さんからのみなさまへのinvitationになります。

皆様のご来廊をお待ちしております。

INVITATION

KIMITERASU主宰の田中敏惠が、世田谷区のGallery Kugaにて催しを行うことになりました。

第1回は、「MONOTERASU 0」と題し、田中がSTAY HOMEの時間で見直した暮らしで発掘した数々の愛用品を放出する、フリーマーケットを行います。

モノはひと目、と言ったのは天才・青山二郎。この骨董があなたです、と言ったのは白洲正子。フリーマーケットは、不要になったものを安価で販売する、わけですが、過去に自分が選び手にしたものを、次の人へとつなぐ行為でもあります。良い価値の交換や継承となればと願っております。

通常はフルアポイントメント制のGallery KUGAも、この両日はフリーで入れます。

カード各種可能です。ぜひお越し下さい。

11月28日(Sat)、29日(Sun)

11:00〜19:00

出品予定(順不同)

・ロイヤルコペンハーゲンヴィンテージ

・マノロ・ブラニク

・プッチ

・プラダ

・ピエール・アルディ

・柳宗理

・ジャマン・ピュエッシュ

・セルジオ・ロッシ

・ジャンヴィト・ロッシ

・ジミー・チュウ

・デレク・ラム

・クロエ

・ランバン

・マックイーン

・ドリス・ヴァン・ノッテン

・マルジェラ

・ボッテガ

・ドルチェ&ガッバーナ

・ドゥロワー

・写真集や雑誌

・古いもの など

田中敏恵 Profile

「これからの豊かさ」をテーマに、カルチャー、トラベル、ブランドなどに焦点当てたコンテンツ発信や、GNH(国民総幸福)で知られるブータン王国への取材をライフワークとし、経済性だけでない価値とはなにかを雑誌や書籍、ウェブ媒体などを中心に企画およびディレクションを行っている。

また、国内外における数多くの取材経験を生かし、「ジャーナリストの進化系」としてブランディングやコンサルタント業務にも携わる

11月の営業

11月の営業

あれよあれよという間に11月に突入。今年も早や残すところ2ヶ月となりました。

ギャラリー久我の11月営業は下記のとおりです。

11/2(MON) – 11/29(SUN)

下記の日程は予約定員に達しました。

11/3(TUE) x

11/4(WED) x

11/5(THU) x

11/6(FRI) x

11/7(SAT) x

11/8(SUN) x

11/9(MON) x

11/15(SUN)x

11/20(FRI) X

11/22(SUN) x

11/27(FRI) x

*11/28(SAT) – 11/29(SUN)はスペシャルイベントを開催予定です。

詳細は決定次第、またご報告させていただきますのでよろしくお願い致します。

拙ギャラリー扱いの作家作品をご覧になりたい方、KURUMI AROMATIQUEのテイスティングをご希望の方は、contactよりご来廊希望日をご予約ください。

*当日のご予約は受けておりません。

*2日前までにご予約お願いいたします。

来廊の際は、マスクの着用をお願いいたします。

お手数かけますが、何卒よろしくお願いいたします。