menu

ブログ

2016.10.31

お茶の正月

お茶の正月

早くも今日で10月は終わり。 明日から11月ですね。 今年は殊の外、気温が定まらなかったせいでしょうか、気づけばもう11月の足音がすぐそこに。。 11月といえば、茶の湯の世界ではお正月ですね。 心鎮めてお茶を味わう時間を大切にしたいものです。

2016.09.26

Steve Harrison作品展示販売終了のお知らせ

Steve Harrison作品展示販売終了のお知らせ

9月25日(日)をもちまして、Steve Harrison作品展示販売は終了いたしました。 ご来場の皆様に心より感謝申し上げます。 次回の入荷時に連絡希望の方はcontact欄よりご連絡をいただけますようお願い申し上げます。

2016.09.09

Steve Harrison 作品展示販売のご案内

Steve Harrison 作品展示販売のご案内

下記のスケジュールで今年もスティーブ・ハリソン作品をギャラリー久我にて展示販売いたします。 皆様のご来場をお待ちしております。 なお、日程のお分かりの方はContact欄よりご連絡をいただきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。 9月18日(日) 15:00−20:00 9月19日(月)/22日(木) 24日(土)/25日(日)     いずれも11:00−20:00

2016.08.07

ないものを作り出す力

ないものを作り出す力

イギリスにもようやく遅めの夏が訪れた感があります。先週に比べると少し気温も上がってきました。 公園もカフェも夏を楽しむ人々でいっぱいです。 ギャラリー久我で扱うようになってから5年を迎える陶芸家・スティーブ・ハリソン邸に行ってきました。 ただの陶芸家というよりは、丸ごとアーティストといったほうがふさわしい彼は、ないものを作り出す力を持っている人で、今回も1950年代のフランスのクッカーの前に素晴らしいタイルの作品が出来上がっていました。 このタイル、一つ一つが違い、その文様を追っていくとそのままそれがスティーブの陶芸家としての軌跡を表現しているものでもあるそうな。 スティーブの作品とロンドンで出会って10年近くになりますが、彼の着実で確実なステップアップは賞賛に値すると言っても過言ではありません。 余計なものに気を取られず、常に真摯に陶芸と向き合ってきた結果が今に至っているのですね。 見習うべきところ、多々あります。 そして今回もその姿勢が作品に表れていて、素敵な作品を大いに仕入れて参りました。

2016.08.04

イギリスの夏

イギリスの夏

あっという間にはや8月になりました。日本ではまさに夏本番!ですが、イギリスはすでに初秋のような気候です。 イギリスの夏は短いので、天気の良い日には、人々は少しでも長く戸外の時間を楽しもうとします。 夏時間は午後9時近くまで明るいのですから。 (画像:Fenton house at HAMPSTEAD, LONDON)